スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私の実家
2006年08月27日 (日) | 編集 |
ここで書いたコメントに
「旦那さんはドキンちゃんの実家平気なの?」
という返事をいただいた。


でね、思い出したんだ。
夫が私の実家に初めて行ったときのこと。
ネタもないことだし、昔話でも書いてみるか。


書くことがなきゃ書かなきゃいいじゃん??
まあ、そうなんだけどね。
きっかけがあったら書こうかなって思ってたの。


さて、どこから書こうかな。



前夫は黙る男だった。
1ヶ月も口を利かない男に嫌気がさし、「30歳までに離婚しよう。」と心に決めた。
それから、ほとんど言葉を交わさすに約1年過ごした。
その間に離婚の意志は固まった。


私の親は離婚に反対だった。


稼ぎは、まあまあ。
酒を飲んで暴れるわけでもなければ、女癖が悪いわけでもない。
しかも住んでいる4LDK一戸建は、ジジ抜き、ババ抜き、ローンなし。
なんの文句がある?おまえの我儘だ!って。
はっきり覚えていないけど、「抱いてもらえないのもオマエのせいだ」 みたいなことも言われた。


夫婦のことは、人にはわからないんだなって思った。
はじめから実家に戻るつもりはなかったから、反対されても考えは変わらなかった。
元もと好きじゃなかった実家。
この頃から、ほとんど連絡しなくなった。
(反対されても、酷いことを言われても、父のことは好きだったけど。)


それまで専業主婦だった私。
子供を預ける保育園を探し、就職先を決め、アパートを借りた。
「引っ越しの準備をするからお金を使う。」 と宣言し電気製品も揃えた。
引っ越し業者に依頼して家を出る日も決めた。


妻が着々と家を出る準備をしているというのに男は何も言わなかった。
家を出るときに離婚したいと思っていたけど、男の様子が少しおかしくなって来たので、「とりあえず別居」 という形にした。


引っ越しの日。
男はいつも通りに仕事に出かけた。


実家には何も知らせなかった。




あれ?なかなか夫が出てこないぞ。
もっと、さらっと書くつもりだったのにな。
ちょっと面倒くさくなってきた。ヾ(- -;)コラコラ




別居してからは夜になるとチャットばかりしていた。
会った人も何人かいる。
でも、やった男は3人。ヾ(・・;)オイオイ


その3人目の男が今の夫。(ふぅ、やっと登場!)


会ったその日に押し倒された。
プロポーズされたのも、この日だ。
あれ?待てよ。
押し倒される前に 「一緒に暮らそう」 って言われたような気がする。
このときは冗談だと思った。


つーか、私はまだ離婚前。
次の結婚なんて、これっぽちも考えていなかった。
それどころか、離婚したら二度と結婚なんかするもんかって思ってた。


しかし、夫は本気だった。
断っても断っても、一緒に暮らそう、結婚しようって言われた。
そのうち、「そこまで言ってくれるなら」 と思うようになって、付き合いが始まった。


でも、私は人妻。(*_ _)人


別居開始から1年が過ぎた頃、私は正式に離婚。
このとき、改めて結婚しようって言われた。
秋だった。


ここまで、私から実家に連絡はしなかった。
が、友人から番号を聞き出した母が電話をしてくることがたまにあった。
いつも命令口調、頭ごなしに物を言う人なので、その度に不快になった。
聞いているとムカツクので、黙って電話を切ったこともある。


翌年の春には夫のところへ引っ越すことになった。
できれば、もっと時間を置きたかったけど、長男の小学校入学に合わせることにした。


遠くへ行く前に報告くらいはしておこうと、久しぶりに実家へ行った。
挨拶したいという夫と一緒に。(あまい!)


私を見ると、父は頭から湯気を出して怒り始めた。
夫は、ほとんど門前払い。
といっても、父は夫に腹を立てたわけじゃない。


何の連絡もなく別居して、親の反対も聞かずに離婚した娘。
その娘が離婚から半年も経たないのに男を連れて現れたんだから、そりゃ怒るわ。
しかも、再婚するつもりで他県へ行くって言うんだから、頭から湯気も出るっつーの。


「二度と俺の前に顔を出すな!
 来るときには土下座する覚悟で来い!!」


私は何か言ったかなぁ?
よく覚えてないけど、「じゃあ、さようなら。」 って感じだったかな。
これが最後の別れになるわけでもないしね。
とりあえず、「報告」 という目標は達成したのでホッとしていた。


数日後、実家には行き先も電話番号も知らせず引っ越し。
「連絡先なんか教えてやるもんか!!」 って思うような母の発言が、いくつかあったの。
それから約5年間、何の連絡もしなかった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハヤオキデスネー、ネムレナカッタノ?
フ~ン~ニタヨウナ、コウケイ、ワタシモシタヨウダワ~。
トツゼンガイジン!ツレテキタカラ・・・ワライ
デモ、ニホントアメリカダカラレンラクハトッテル・・・
2006/08/27(Sun) 05:33 | URL  | pie #GNpDnBoc[ 編集]
そうだね、夫婦のことは例え親でも分からないと私もよく思う。
うちの親もドキンちゃんのご両親みたいな感じだから、
妹が別居するまでも大変だったし、
未だにガタガタ言ってるんだよなぁ・・・
この話は「続く」なのかな?
2006/08/27(Sun) 08:47 | URL  | enemo #-[ 編集]
ウォー (丿 ̄ο ̄)丿
これってうちじゃん( ゚,_・・゚)ブブブッ
これかられいなの実家に
旦那連れていきますw
2006/08/27(Sun) 13:20 | URL  | れいな #-[ 編集]
書き忘れたw
紹介☆⌒(*^∇゜)v ありがとう!
2006/08/27(Sun) 13:21 | URL  | れいな #-[ 編集]
親としては心配だったんだろうね、お父さん。
続編あるよね?楽しみです。
2006/08/27(Sun) 22:11 | URL  | もちゅ #ILNMMuoU[ 編集]
さらっと流した前半部分も
暇があったらくわしくかいてよ
続きもあんだよね?かな~り楽しみ
2006/08/28(Mon) 13:58 | URL  | いわせてよ #mQop/nM.[ 編集]
ん?なんでドキンちゃんの親がそんなに激怒するわけ?へんでない?と思うのは私だけ???
結婚するって言えば反対!離婚するって言えば反対!そんな親にはなりたくないなっ!
2006/08/28(Mon) 16:03 | URL  | かんち #-[ 編集]
コメント、サンクス♪
>pieさん
日中は、なかなか時間がなくてね。
記事を書いてたら、こんな時間になっちゃったの。
早く夏休み終われ!
突然、青い目のダーリン連れてったら、うちの親ならどうするだろ?
>airaさん
離婚します。
はい、どうぞ。
って親は、あまりいないよね。
続くのかなぁ?
>れいなさん
あら、れいなさんも?
みんな怒られてるんだね~。
旦那さん、心の中で歌ってるよ。
>もちゅさん
父はね、私のことが可愛くて仕方なかったの。
だから心配はしてたと思う。
でもね、世間体とか、ほかにも色いろ考えるところがあったみたい。
>いわせてよさん
どの辺を詳しく??
過去の話は「人妻の・・・」で書いたことあるんだよね~。
消さなきゃよかった。とほほ
>かんちさん
まあまあ。
世の中には子供が自分の思い通りにならないと怒る親も多いのよ。
父のことは好きだからいいのさ。
2006/08/28(Mon) 16:52 | URL  | ドキン #mGDuupLo[ 編集]
うちは父が亡くなってから、とらさんと出逢ったからなぁ~
その代わりに姉が父みたいな存在かも(爆)
いや、いろいろあるよねぇ
女が離婚⇒再婚ってなるとさ。
私たちの親の世代じゃ、もってのほかって感じに捉えられちゃうしね^^;
2006/08/28(Mon) 19:28 | URL  | ゆい #-[ 編集]
コメントありがとう
>ゆいさん
子供がいたからね~。
自分のことより子供のことを考えろ!って言われたな。
ま、結果オーライってことで♪
お姉さん、恐いの??
2006/08/30(Wed) 10:31 | URL  | ドキン #mGDuupLo[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。