スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 吾輩は・・・復活の巻
2006年06月28日 (水) | 編集 |
吾輩は・・・』 と『吾輩は・・・死にそうだったの巻』 の続きである。

できればこの記事で終わりにしたい。
終わるのだろうか?吾輩にもわからぬ。



冷たい牛乳で腹を下した吾輩は、それからしばらく調子が悪かった。
飲まされるのは相変わらず牛乳やポカリスエットであった。
歓迎されてない吾輩が動物病院など連れて行ってもらえるはずもなかった。


聞くところによると、ご主人の実家で飼われている犬たちも病院には行ったことがないようである。
動物の薬は手に入るし、たまに獣医さんが来るので行く必要がないようである。


吾輩の体調が少し回復したある日、奥様は朝から学校へ出掛けて行った。
三人もガキンチョがいるので奥様も大変そうである。


この時も吾輩は飲まず食わずで留守番をしていた。
眠っているうちに脱水症になり、自分でも気付かぬうちに死にかけていたようである。
そんな吾輩を見つけてくれたのは、仕事の途中で家に寄ったご主人であった。
「どうせ死んじゃうだろ。」 などと言っていたご主人だが、吾輩にポカリスエットを飲ませてくれた。
体が冷たくなった吾輩を温めるためにコタツも点けてくれたのである。
また、ご主人は出かける予定があったにもかかわらず、1時間も吾輩の傍にいてくれた。
このとき初めてご主人の優しさに触れたが、残念なことに吾輩はよく覚えていない。
ご主人は吾輩の最期を看取るつもりでいたようであるが、勝手に死ぬと決められては困る。


ポカリスエットでなんとか生き返った吾輩を見て、ご主人が喜んでくれた。
このときを境に吾輩に対する接し方が変わったように思う。


まず、奥様が猫用ミルク(160ml ¥200)を買ってきてくれた。
吾輩は皿で飲むことができないので猫用哺乳瓶まで用意してくれたのである。
嬉しかった。
初めて飲んだ猫用ミルクはママの味がした。
寒くないようにと湯たんぽまで入れてくれた。


吾輩は次第に元気を取り戻した。


ミルクがなくなると、今度は¥1780もする猫用粉ミルクを買ってくれた。
「もう大丈夫」 と思った奥様は、「まだ早いかな?」 と言いながらトイレまで用意してくれた。
ご主人も奥様も 「ハチ、ハチ、ハッちゃん」 と吾輩を可愛がってくれるようになった。
もしかしたら吾輩は、ずっとこの家に置いてもらえるのかもしれない。


しかし、安心はできない。


すっかり元気を取り戻し、体重も増えた。
が、吾輩はまだ赤ちゃんである。
つい、あっちこっちで粗相をしていまうのだ。
「トイレはここだよ」 と言われても、用意してもらったトイレは大きくて、まだ自分で入ることができない。
吾輩のウンチやシッコを見つける度に奥様が、「こらぁ!捨てちゃうぞ!!」 と言う。
お願いだから 「捨てる」 などと言わないでもらいたい。
奥様、クールでドライなアナタが言うと冗談に聞こえないから怖いのだ。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
つい、気になって全部読んでしまったわ。。。
オレさま日記的でよいかと思われる・・・。あっ!・・・なんでもないっ!
アクビちゃんもする?ペット自慢。。画像無制限だぁぁ。
2006/06/28(Wed) 18:48 | URL  | かんち #-[ 編集]
動物の死は痛いものがあるからね・・・
優しいそうでドライなクールな若奥様と死んじゃうとか言う
優しい旦那様と残りのガキンチョに囲まれて・・ハチは幸せな子猫であ~る。。(笑)
2006/06/28(Wed) 21:18 | URL  | pie #GNpDnBoc[ 編集]
このシリーズいい!
続けてもらいたいのである!
(飼ってあげて~!←無責任w
2006/06/29(Thu) 13:35 | URL  | いわせてよ #mQop/nM.[ 編集]
コメントありがとう
>かんちさん
あっ!?なに??
うちのは自慢できるようなヤツじゃないからなぁ。
奥様、これ↑はあんまりである。
>pieさん
動物の死・・・結構、見慣れてるんだよね。
ペットとは、ちょっと違うけど。
>いわせてよさん
いいっすか?
記事になりそうなことがあったら、また書くかも。
2006/06/30(Fri) 09:47 | URL  | ドキン #mGDuupLo[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。