スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 吾輩は・・・復活の巻
2006年06月28日 (水) | 編集 |
吾輩は・・・』 と『吾輩は・・・死にそうだったの巻』 の続きである。

できればこの記事で終わりにしたい。
終わるのだろうか?吾輩にもわからぬ。



冷たい牛乳で腹を下した吾輩は、それからしばらく調子が悪かった。
飲まされるのは相変わらず牛乳やポカリスエットであった。
歓迎されてない吾輩が動物病院など連れて行ってもらえるはずもなかった。


聞くところによると、ご主人の実家で飼われている犬たちも病院には行ったことがないようである。
動物の薬は手に入るし、たまに獣医さんが来るので行く必要がないようである。


吾輩の体調が少し回復したある日、奥様は朝から学校へ出掛けて行った。
三人もガキンチョがいるので奥様も大変そうである。


この時も吾輩は飲まず食わずで留守番をしていた。
眠っているうちに脱水症になり、自分でも気付かぬうちに死にかけていたようである。
そんな吾輩を見つけてくれたのは、仕事の途中で家に寄ったご主人であった。
「どうせ死んじゃうだろ。」 などと言っていたご主人だが、吾輩にポカリスエットを飲ませてくれた。
体が冷たくなった吾輩を温めるためにコタツも点けてくれたのである。
また、ご主人は出かける予定があったにもかかわらず、1時間も吾輩の傍にいてくれた。
このとき初めてご主人の優しさに触れたが、残念なことに吾輩はよく覚えていない。
ご主人は吾輩の最期を看取るつもりでいたようであるが、勝手に死ぬと決められては困る。


ポカリスエットでなんとか生き返った吾輩を見て、ご主人が喜んでくれた。
このときを境に吾輩に対する接し方が変わったように思う。


まず、奥様が猫用ミルク(160ml ¥200)を買ってきてくれた。
吾輩は皿で飲むことができないので猫用哺乳瓶まで用意してくれたのである。
嬉しかった。
初めて飲んだ猫用ミルクはママの味がした。
寒くないようにと湯たんぽまで入れてくれた。


吾輩は次第に元気を取り戻した。


ミルクがなくなると、今度は¥1780もする猫用粉ミルクを買ってくれた。
「もう大丈夫」 と思った奥様は、「まだ早いかな?」 と言いながらトイレまで用意してくれた。
ご主人も奥様も 「ハチ、ハチ、ハッちゃん」 と吾輩を可愛がってくれるようになった。
もしかしたら吾輩は、ずっとこの家に置いてもらえるのかもしれない。


しかし、安心はできない。


すっかり元気を取り戻し、体重も増えた。
が、吾輩はまだ赤ちゃんである。
つい、あっちこっちで粗相をしていまうのだ。
「トイレはここだよ」 と言われても、用意してもらったトイレは大きくて、まだ自分で入ることができない。
吾輩のウンチやシッコを見つける度に奥様が、「こらぁ!捨てちゃうぞ!!」 と言う。
お願いだから 「捨てる」 などと言わないでもらいたい。
奥様、クールでドライなアナタが言うと冗談に聞こえないから怖いのだ。




スポンサーサイト
 吾輩は・・・死にそうだったの巻
2006年06月28日 (水) | 編集 |
吾輩は・・・の続きである。

この記事は短くさらっと書くつもりでいた。
なぜ、このようにダラダラと書いているのか吾輩にもわからぬ。
つまらぬ話だが、暇な人は付き合ってくれてもよい。



この家においてもらえることになったが、吾輩は歓迎されていなかった。
奥様は、「大きくなったら向こうの家(ご主人の実家)へ連れて行こう。」と言っていた。
ご主人の実家には猫が数匹いるので、手の掛からない猫なら1匹くらい増えても問題ないだろうと考えたようである。
ご主人は、もっと酷い。
弱っている吾輩を見て、「どうせ死んじゃうだろ。死ぬまで飼ってやるか。生きたら向こうの家に連れて行けばいい。」 と言っていた。


吾輩には新聞紙を敷いた小さなダンボール箱が与えられた。
食事のときは出してもらえたが、それ以外は箱の中で過ごした。
出してもらいたくてミーミー鳴いたが奥様は冷たかった。


吾輩にエサをくれたのはねーちゃんではなく奥様だった。
与えられたのは牛乳であった。
奥様は、「牛乳は消化が悪いんだよね~。」 と言いながら吾輩に牛乳を飲ませた。
しかし、吾輩がまだ皿から飲めないことを知ると、試行錯誤の末、手の平に牛乳を垂らし、吾輩がそれを舐めるという方法を見つけてくれた。
奥さまの膝の上は温かく、この人は冷たいのか優しいのかわからなくなってきた。


奥様は家に居ることが多い。
暇さえあればパソコンとやらに向かっているが、数時間おきに吾輩に牛乳を飲ませることは忘れなかった。
ある日、奥様が長時間、家を留守にした。
長時間といっても6時間ほどである。
この頃にはダンボール箱から自力で出られるようになっており、奥様も黙認してくれていた。
吾輩は座布団の上で留守番をしていた。
奥様が器に水を入れて置いて行ってくれたが、吾輩は飲むことができなかった。
ただ、じっと奥様の帰りを待っていたのである。


奥様が帰宅したとき、吾輩は脱水症でフラフラであった。
立つこともできず、自力で首を動かすこともできなかった。
手の平の牛乳を舐めることなど到底できるはずがない。
慌てた奥様は、吾輩の口をこじ開け、スポイドのようなもので半ば強引に冷たい牛乳を飲ませた。
「ハチ、がんばれ!がんばれ、ハチ!」という奥様の声が聞こえたような気がする。


しばらく安静にしていたら、なんとか動けるまでに回復した。
ところが、今度は腹をこわしてしまった。
消化の悪い牛乳を冷たいままギュッと飲まされたのがいけなかったようである。


つづく


 吾輩は・・・
2006年06月28日 (水) | 編集 |
吾輩は猫である。
名前はハチ。

ご主人の実家の軒下でミーミー鳴いていたところを、この家の女の子(ねーちゃん)に発見され捕まったのである。
ねーちゃんが吾輩を飼うと言ったのだが、この家はペット不可の借家である。
であるからして、数日、ご主人の実家の大きな動物が沢山いるところで過ごした。
吾輩を飼うといったねーちゃんは、まったく世話などしてくれなかった。

あとで聞いた話だが、このねーちゃんは動物を飼うのが好きらしい。
しかし、とても飽き性なのだそうだ。
インコの世話は放棄するし、ハムスターなどは死後二日経っても気付いてもらえなかったらしい。
死因はおそらく餓死であろう。
笑えない話である。

ご主人の実家でエサをくれたのはご主人のお母様であった。
与えられたのは大きな動物の赤ちゃん用ミルク(粉末)であった。
食べたか食べなかったか覚えていない。
ただ、吾輩は確実に弱りはじめていた。

ご主人のお母様が嫌な顔をしたかどうかはわからないが、ご主人は吾輩の世話をお母様にさせているのが嫌だったようである。
ご主人と奥様が話し合って、吾輩はこの家に引っ越すことになったのである。


つづく


 月に一度の・・・
2006年06月27日 (火) | 編集 |
今日の午後は病院です。
もう1ヶ月経ったのか、早いな。

あーー、また筋トレやってないよ。
バレバレなんだもんなぁ。


診察の予約は3時半。
だけど、待たされるのは必至。
診察が丁寧だからね。

子供のDS借りてく?
小説がいいかな?
どっちも疲れそうだ。
雑誌がいいかな?
それもなぁ・・・。
入院中、一緒だった人に会わないかな?
一方的に喋りまくるオバサンはゴメンだけど。

待合室って退屈なんだよね~。


病院に あったらいいな ネットカフェ

うーん、マンガ喫茶もいいかも。

 毎日オナニー?
2006年06月26日 (月) | 編集 |
昨夜、11時過ぎ。
夫は飲みに行って、まだ帰っていなかった。


「とーちゃんもオナニーしてたのかなぁ?」


Σ(-x-;)ナ、ナニッ?!


母に聞くことじゃないだろ?バカ息子。
それでも優しく(?)答えてあげる。


「昔はやってたんじゃないの?」

「へぇ~!毎日やってたのかなぁ?」 (☆。☆) キラーン!!


なんで毎日なんだ?


「さぁね。
 ○○は毎日やってんだ?」
(¬д¬) ジーーーッ

「へっ? う・・・うん。」 (///ω///)テレテレ♪

「ふぅ~ん
 じゃあ、今からやるんだ?」
(((((¬_¬) フフンッ

「そ・・・そうだよ。
 チンコ、モミモミ♪」



あぁ、なんてバカな息子。

でも・・・
私が産んだんだよね。
私が育てたんだよね。

当然の結果ってことですかねぇ~。

 主婦じゃ~ん!
2006年06月23日 (金) | 編集 |
昨日は末っ子の誕生日。
私がケーキを作ろうと準備を始めたら、娘が寄ってきて自分が作ると言い出した。
あら、そう?と任せたものの、本当はさっさと済ませて夕飯の支度をしたかった。
それに、スポンジが冷めなきゃクリーム塗れないから、早く焼きはじめたかった。

台所は娘に占領されてしまった。
うーん、困った。


仕方ない、ピザでも作るか!(なんで?)


強力粉もドライイーストもあった。
ボールと材料を用意して、ダイニングテーブルで作業開始。
まぜまぜ、コネコネ、もみもみ。
立ち上がって、体重をかけてモミモミモミ。

ストレス発散にうどんを打つ人がいるって聞いたことがある。
うーん、納得。
生地を捏ねるのは、なぜか楽しい。
粘土あそびや泥あそびの感覚?

布団を片付けたコタツの下にボールを置いて発酵。
うまく行った。

少し休ませた生地を丸く伸ばして、ピザソースを塗り、チーズ、ピーマン、サラミ、コーン、最後にオリーブオイルをたらり。
オーブンで焼いたら美味しい(?)ピザの出来上がり。

子供ってピザ好きじゃん?(私も好きだけど)
しかし、田舎だから宅配ピザは来ない。
イタリアンレストランへ行くか、自分で作るか。
安上がりなのは手作り。
時間も手間も掛かるけど、子供たちの笑顔は2倍!だと思っている。

ほーら、おいしそう!!


[READ MORE...]
 私のニオイが好き?
2006年06月20日 (火) | 編集 |
昨夜のこと。
場所は夕食後のダイニング。
子供たちも近くにいた。

なんか静かだなぁ・・・と思ったら、ヘンなところに頭を突っ込んで眠り始めた。


ねえねえ、臭くないの?
私のニオイがプンプンするでしょ?(///o///)ゞ テレテレ
わかった!私のニオイが好きなのね。
でも、こんなとこ子供に見られたら笑われちゃうよ。





「なんだ!?どこに顔つっこんでんの!!」(⌒▽⌒)アハハ!

「臭くねぇの?」 (あら、失礼ね)



ほら、笑われたじゃん。

こんな格好で寝てるから。



[READ MORE...]
 赤ちゃん
2006年06月09日 (金) | 編集 |
一昨日から赤ちゃんの面倒を見ている。
始めはミルクを全く飲んでくれなくて、死んじゃうんじゃないかと思った。
ガリガリだしね。

でも、昨日、飲ませるコツを掴んだ。
少し飲むようになって、なんだか元気も出てきたみたい。

コイツが甘えん坊でさぁ(赤ちゃんだから当たり前)、起きてるときは私が触れていないとなくんだ。
ギャーギャーうるさいっつーの!

おまけにね、可愛くないんだ、顔が。
不細工なの、ほらね。

[READ MORE...]
 会話の中で殺す
2006年06月08日 (木) | 編集 |
夫の実家は自営業。
夫は毎日実家に通勤していて、私は送迎をしている。

舗装してある通りから200mくらい入ったところに家がある。
畑や杉林のあいだをクネクネ通る砂利道。
凸凹の道だからソロリソロリ走る。

今朝、夫を乗せてその道を走っているとジイさん(義父)の姿が目に入った。

[READ MORE...]
 名は体を表す
2006年06月07日 (水) | 編集 |
おはようございます。
最近、長男にべったりのアクビです。
いゃ、ただ付きっきりで勉強させてるだけなんだけどね。

そんなわけで、今日も息子ネタです。
ちなみに、うちの息子はこんなヤツ⇒『やってるんだ?』 『コンドーム欲しい』


漢字の勉強をやらせてるときだったかな。(強制です( ̄‥ ̄)=3 フン)
漢字辞典の付録「新人名用漢字一覧」をペラペラと見ていたら、息子の名前の一文字が目に入った。

「この字、スケとも読むんだよ。」

「ふーん」

Σ(゜m゜=)ハッ!! そうだ!

「ねえ、ねえ・・・」

φ(・ω・ )かきかき・・・○兵

紙に息子の名前を漢字で書いた。
なになに?と娘も覗き込む。
その横に振り仮名を書いてやった。


[READ MORE...]
 コンドーム欲しい
2006年06月06日 (火) | 編集 |
おはようございます、アクビです。


最近、うちのバカ息子がチンコだのオナニーだのと煩い。
性に興味を持つ年頃だから仕方ないか。
親の前で言ってるうちは、まだまだお子ちゃま。
ヘンな心配しなくていいから気楽だけどね。


昨夜のこと。
なんで、そんな話になったのか覚えてない。
っていうか、突然バカなことを言い出すんだけどね。

「コンドーム欲しい♪」

「必要ないでしょ?」 ┐( -"-)┌ヤレヤレ...

「かあちゃん、(コンドーム)知ってんだ!?」 \(◎o◎)/!

「なによ?」

「知らないと思ってた。
 へぇ~、知ってんだぁ、へぇ~~っ。」
o(=¬ェ¬=)oジーーーッ


まったく、このバカ息子は・・・。(ノ_-;)ハア…

アンタが知らないあんなことやこんなこと、いーっぱい知ってんだからね!!・・・とは言えない。
ヤツは親のことをどう思っているんでしょう。

①両親がセックスしているなんて想像もしていない。
②ナマでバンバンやりまくっている。
③キレイで可愛いオレの母ちゃんは処女だ。

本人に確認するつもりはありません。

 やってるんだ?
2006年06月02日 (金) | 編集 |
中学生の息子が 『いとしのエリー』 を歌っていた。
ずいぶん懐かしいメロディー。
でも、歌詞がおかしい・・・

笑って もっとベイビー♪

オナって もっとベイビー♪


Σ(-x-;)ナ、ナニッ?!


わが子ながら情けない。
そういうことを親の前で言うか?
年頃の妹も聞いてるじゃないの!


言ってやりましたとも、ガツンと!!


勝手にオナってくれ。


[READ MORE...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。